ぽてぽてDOG通信

「ドックスクール ゆっか」訓練士yaraのブログ。3頭のシェパード&柴&黒猫と暮らしながら仕事と育児(お子2人)の両立に奮闘中。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-23-Fri-11:05

先日の日曜日

週末~色々なコトがあって、書きたい事が溜まってます(^^;)

先ずは出張訓練…
日曜日に3件、火曜日に1件行ってきました☆

日曜日のトップバッターはダルメシアンのロビンちゃん、3回目です!
この日も素敵な笑顔でお出迎えしてくれました(*^_^*)
少し会わなかった間に、ちょっと大きくなった気が♪
前回の復習を兼ね、今回は一番ロビンちゃんに甘いというご主人を中心に脚側の練習と、ロングリードを使って待ての練習をしました。
ロビンちゃん「持って来い」まで出来ていたし、とっても良い感じでした!
ただ、リードを持つ人がハッキリと指示を出してあげないと、ロビンちゃんは何をしていいのか分からず行動に移れません。
ハッキリと声に出して伝えてあげること。
そして指示通りにできたら、ここでもハッキリとした表現でうんと褒め“これでいいんだ!”と犬に自信を持たせてあげること。
これが今回の課題です…ご主人、奥さんや娘さんに負けないよう、頑張って~!!

2件目はミニシュナのブルース君!
ブルース君はY訓練所から訓練教室を引き継いだ子で、Y訓練所で既に2回レッスンを受けており、私が引き継いでからは2回目。
車を見ると我を忘れパニック状態で吠え続け追いかけようとしてしまう…という、おそらく先天性なもの。
ブルース君の場合も、周囲よりもリードを持つ人に集中するように服従訓練を入れていくのですが、我を忘れず冷静さを保ったままいられるように、ブルース君が車を狙った時点でチェーンを使って強めのショック→車への執着をそらせ、また我慢出来た時はよく褒めて自信を付けてあげる…この繰り返しです。
前回は、やはり走る車に対しての執着がかなりあったのですが練習を繰り返しある程度落ち着き、2回目ではかなり改善が見られました☆
飼い主さんも、とっても助かっていると笑顔。
たった2回で改善出来たのも、飼い主さんの日頃の努力あってこそ!!
ただ、ブルース君の飼い主さんの場合…厳しくできるのはとっても良いのですが、その後で褒めてあげる回数や度合いがまだまだ少ないので、ブルース君がウキウキするくらい、明るく楽しい口調で沢山褒めてあげて下さいね~!
厳しさで間違ったことを修正して、正しく出来た時には目一杯褒めて自信を付けてあげる…
これが上手く出来ると、親和の向上にもなっていきます。

続きます…
スポンサーサイト
2009-10-22-Thu-15:53

素敵な歌の紹介♪

ブログに書きたい事が溜まっているのですが、今回は愛犬家の皆さんへ素敵な歌を紹介します。

我が家で保護して里子へ行ったアニモのママさんから東真紀さんのCDを頂いたのですが、特にこの「ジョンの純な恋物語」は聴く度に胸がつまって涙が出てしまいます。
飼い犬の気持ちをストレートに歌った歌詞に、東さんの優しい歌声が、その情景をリアルに感じさせてくれます。
この他にも「小さな王様」「僕はここにいるよ」など、犬と人の関係をテーマにしたあたたかくも涙を誘う素敵な歌を沢山歌っています。
興味のある方は是非聞いてみて下さい。



ジョンの純な恋物語【特別完全版】
歌:東真紀



my name is John....
僕はふりかえる
君と過ごした日々を
君を泣かした数を

下手な愛情表現で
君には随分と
迷惑かけたっけ

時に噛みついてみたり
あるいは
引っ掻いてみたり

僕がこのウチに来た頃
君も幼くて
泣きべそばっかかいてさ

ある日
シッポをヒョイと立てて
君をくすぐったら
笑顔の花が咲いた

少なからず僕の中に
恋が生まれた瞬間


my name is John....
僕にはわかるんだ
君が話す言葉も
言えずにいることでも

ずっとね
その目を見つめれば
同じ気持ちが
体に溢れてくる

それは
不思議な瞬間
心の中のお喋り


もしひとつ願いが叶うなら
喋ってみたい言葉が有るんだ

君のために
君のそばで
君の涙
受け止めたげる

独りきりで
冷たい夜も
そばにいて
あっためてあげる

どんな時も
君が名前を呼べば
毛むくじゃらの
この僕が
僕が
ずっと
守ったげる


夕暮れ色の
空が好き
君と2人きりで
公園へ
お散歩タイム

真っ赤に染まる
君の姿はホラ
ドレスを身にまとっているようで
素敵さ

紛れもなく
君に夢中
最初で最後の
初恋


明日の朝
君はこの家を
出てゆき
お嫁さんになる

小屋の前で
腰をかがめ
君が何か
呟いた夜

そして僕は
君の顔を
幾度も舐め
笑顔うながす

「行かないで」と
口に出して
言えるならば
伝えただろうか

君の頬を
つたう宝石が
僕の
耳を濡らす

しばらく
君は
毛むくじゃらの僕に
しがみついていた


my name is John....
純な恋物語
抱いていた思いは
叶わず花と散る

やがて
歳をとった僕は
愛しの小屋の中
深い眠りにつく

だけど
寂しくなんてないさ
やっと
君の元へ行ける

目には見えない
力で
空からずっと守ったげる
守ったげる…
守ったげる…








現在、ドックスクールゆっかHPを製作中・・・
機械音痴でパソコンがよく分からないので、とりあえず携帯での製作です(汗)
ドックスクール ゆっかHP
お暇がある方は覗いてみて下さい!
2009-10-15-Thu-18:10

悲しい話。

先日、急遽頼まれて先輩のお客様のお宅へ行きました。

9歳の♂コーギーで、首輪が外れてしまったため繋いで欲しいという依頼。

何度も咬まれていて、飼い主さんでは繋げないとのことでした。

あまりにも急な依頼で先輩も予定をはずす事ができず、私が頼まれたわけなのですが…

先輩が出張訓練をしていたのは6年前のことで、かなり前のお客様なのだそう。。

伺ってみると、コーギーは広い庭を走り回り、窓から顔を出した飼い主さんの顔を見て、ものすごい勢いで吠えたてていました。
飼い主さんは一歩も外に出られない状況です。

“飼い犬が恐くて一歩も外へ出ることが出来ない”
なんて…
残念でなりません。。

きっと出張訓練後も、上手く主従関係を築ききれぬままいたのでしょう…

ご主人以外の家族全員がこのコーギーに咬まれており、もう成人されている息子さん達はこう言うのだそうです…。

「こんな犬、保健所にやっちゃえ!」
と。

悲しくなりました。。

このコーギーが子犬の頃…家に来たばかりの頃も、息子さん達はそう思ったのでしょうか?

可愛くて可愛くて一緒に寝たいと取り合いになったり、毎日の散歩や餌やりが楽しくてしかたなくはなかったのでしょうか?

コーギーは、門越しに私にも吠えました。

私はリードを輪にしてサッと首にかけました。

門を開けて外へ連れ出すと、吠えるのをピタリとやめました。

奥さんが様子を伺いながら、新しい首輪を持って外へ出てきます…

するとコーギーは物凄い勢いで奥さんに向かって吠えつき続けます。

もし放したら、その勢いで飛びかかって噛みつきそうなほどです。

奥さんから首輪を受け取り、付け替えている間もコーギーは奥さんの動きから目を離しません。

庭に繋いで欲しいと頼まれ、お庭にお邪魔すると、沢山の花々で彩られたとっても素敵なお庭でした。

本来なら、この可愛らしいお庭で自由に放れて飼い主さんとじゃれあっていただろうに…

そう思いながら、私はコーギーを連れて庭のウッドデッキに繋ぎました。

奥さんが物を取りに家へ入ると、大きなガラス越しに見える奥さんの姿を追って、けたたましく吠え続けています。

どこから歯車がずれてしまったのか…

ここまでになってしまう前に、色々な前兆があったはず。

問題が頻繁に起きてしまう前に訓練に踏み切っていたら、平穏な生活を送れていたかもしれないのにと思うと残念です。
2009-10-12-Mon-00:01

嬉しい知らせ♪

20091012000244
10月4日…
とっても嬉しい知らせが届きました!

シェパードのクラフト(旧名:あおちゃん)が、東日本訓練チャンピオン決定競技会の2部(警戒の部)にてチャンピオンに輝きました☆

クラフトは昨年の9月5日(お暇がある方は当時のブログをさかのぼってみて下さい♪)に我が家で生まれました。
生後2ヶ月ちょっとでSさん宅の子になり、沢山の先住犬達にも負けじとフルパワーでやんちゃな幼少期を過ごし、生後半年で預託訓練に入所(^^)

Sさん宅は代々シェパードを飼われていて、アマチュアで競技会にも参加されていました☆
今回しばらく間が空き久々に迎えたシェパードで、警戒訓練を進めてみたいと子犬選びもとってもとっても迷っていました(^^;)
結果、警戒を進めるなら咬みの深いこの子が…とオススメした“あおちゃん”に決まり、クラフトと素敵な名前を付けて下さいました!

預託訓練先は、大先輩である姉のスクール
「トヨダドッグトレーニング」
ブログはこちら・・・
眉毛の秘密

私には警戒訓練の経験がほとんど無いので、本格的に警戒訓練でタイトルを目指すSさんの希望は正直満たせません。
それなら、その道を練り上げている訓練士を紹介し、全てをお任せして確実な経歴を積んでいって欲しい。
そんな思いで姉に相談すると、快く訓練を引き受けてくれました!!
(姉は世界大会予選で上位に入るほどの実績アリ!)

預託訓練が始まってから、度々クラフトに会わせてもらう機会があったのですが…さすがです!
メキメキと訓練内容を身につけていっているのを感じました!
Sさんからも度々お電話をいただき「クラフトもお姉さんも凄い!!」と、喜びと感心の言葉(*^_^*)

そして10月4日…

まだ1歳になったばかりの競技会デビュー戦で、なんといきなりの1席!!
(※写真:姉撮影)

出場犬の中でも最年少だったそうです!!

姉からメールを貰った時、出張訓練の帰り道(運転中)だったのですが…車内で1人「やったぁー!!」と叫んでました☆

自分の犬でもなければ、自分が訓練したわけでもない。
でも誕生~たった2ヵ月ちょっとの間だけ、手元で大切に育てた子。
しかも姉とのペアで初出場チャンピオン!
嬉しくて嬉しくて舞い上がってしまい、その日はなかなか眠れないほどでした(^^;)

我が家に居るクラフトの同胎“れんげ”にはなかなか苦戦している私。
追及訓練で進めていますが、益々頑張らなくちゃという気にさせてもらいましたo(^-^)o

2009-10-05-Mon-20:53

続・ロビンちゃん☆

20091005205606
結石のため食事制限のあるロビンちゃん。おやつもあまり与えられないため、躾や訓練においてもおやつは使いません。。
だからこそ、体に触れてうんと褒めてあげることが一番のご褒美であり、ロビンちゃんにとって一番嬉しいこと。
“注意”しているのに体に触れてしまったり優しく言ってしまっては、ロビンちゃんへの“注意”にはならず、逆にロビンちゃんを嬉しくさせ甘えさせてしまうのです。

そんなことに気をつけながら、まずは室内で待ての練習をしました。
一体何をされるのか、ドキドキのロビンちゃん(笑)
最初は私にリードを持たれて、緊張と動揺でどうしても動いてしまっていましたが、最初は一瞬の待て→数秒の待て…と段階をつけていき、待たせた後はすぐに思い切り撫でくり回して褒めてやります。
その繰り返しで、ロビンちゃん自身が『じっとしていればいいんだ』と理解し、待つことに自信を持ち出すと…アッと言う間に長い間待てるようになりました~♪
座った状態でも、伏せた状態でも、待たせたままロビンちゃんの回りを右回転…左回転…伏せているロビンちゃんの上をまたいでも…じっと待ってます!!
我慢して待ててます!!
小学生の娘さんがポツリと一言…
「ロビン可愛い…」

そうなんですよね~。
教えている事が1つ出来るようになると、その度に可愛く思えるのです。
上手くできた時は、その気持ちをたっぷり込めて沢山触って褒めてあげると、ロビンちゃんもとっても喜びますし“指示に従う楽しさ・喜び”を理解して、自信をつけていってくれますよ。

この日はまた、前回の復習で外でのお散歩の様子も見させていただきました。
やはり少々前に出気味なので、上手くチェーンを使うことでロビンちゃんはすぐに良くなりますし、アイコンタクトも取れるようになります。
アスファルトでの練習だったので誘惑が少なかったこともありますが、非常に良かったです。
子供達が周囲を走り回っていても、しっかりリードを持つ人に気を向けていました。

何気に娘さんとロビンちゃんコンビの脚側が、アイコンタクトも素晴らしく良かったです(^^)
一番上手にロビンちゃんに話しかけながら歩けていましたよ♪

ロビンちゃんは避妊手術を挟むため、次回までちょっと間が空いてしまいますが、また次回の訓練日が楽しみです☆
2009-10-05-Mon-11:27

ロビンちゃん☆

20091005112809
日曜日、2回目の出張訓練だったダルメシアンのロビンちゃん。
笑顔がとってもキュートな女の子です~☆

先月一度こちらへ見学へいらして頂き、その際に少しだけロビンちゃんを動かさせて頂いたのですが「この子は上手く教えればすぐに良くなる子だな」と直感しました。

ロビンちゃん、幼くして結石になってしまったことがあるそうで、現在は医療食。つまり決まった医療フード以外は食べられません。
…が、何でも拾い食いをしてしまうという困った問題が1つ。
それから基本的なお散歩マナー(引っ張り癖・呼び戻し)と室内マナー(ソファーに飛び乗る・走り回る)が主な最初の改善目標です。

1回目の出張訓練…
ロビンちゃん、どうやら私を覚えていてくれたみたいで、私がお邪魔して挨拶をすませると妙に静か~。
ご家族揃って「ロビン何でこんなに静かなの?」と首を傾げていました。
“だってコノ人、ニコニコしながら実は恐いんだよ!だからお利口にしてなくちゃいけないの!”
そんな声がロビンちゃんから聞こえてきそうでした(笑)
つまり、ロビンちゃんは静かにしなければならないことを分かっているし、ご家族さえしっかり指示できればおとなしくできる子なんですね。
「いつもはこんなじゃない!」と言われていた室内での暴れ様は、ビデオに撮っていただいて後日見せて頂くことに!
初日は外で横について歩く練習を中心にしました。
拾い食いをしそうな小枝を誘惑に置き練習。
続けるうちにだんだんと出来てきてはいましたが、まだロビンちゃんも奥さんもお互いに必死でアイコンタクトを取るまでの余裕が無い様子でした。

そして2回目…
ロビンちゃん、笑顔で挨拶に来てくれました。
撮って頂だいたビデオを少しだけ(途中でバッテリーが…・汗)拝見。
するとちょうどロビンちゃんがソファーに飛び乗って遊びだしたので、様子を見ていると飼い主さんご夫婦は「おりなさい」とロビンちゃんを押し返してソファーからおろしていました。
これでは、ロビンちゃんにとっては“注意された”のではなく“お相撲ごっこ”になってしまい、余計に嬉しくなって何度もソファーに飛び乗ってしまいます(^^;)
その後“待て”の練習もしたのですが、ロビンちゃんが動いてしまうとつい手でロビンちゃんの体を抑えてしてしまう飼い主さん。
これでは“動けば触ってもらえる”と、待つより触ってもらう事が楽しいロビンちゃんは、どうしても動いてしまいます。
続きます
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。