ぽてぽてDOG通信

「ドックスクール ゆっか」訓練士yaraのブログ。3頭のシェパード&柴&黒猫と暮らしながら仕事と育児(お子2人)の両立に奮闘中。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-04-Sun-23:07

正丸峠~訂正とお願い

昨日の日記の中で誤った内容を掲載していました。
お詫び申し上げます。

ブログの読み違えから3月にと掲載してしまいましたシェルティ・ハスキー・キャバリア・白いMixですが、正しくは今年1月~2月の間に亡くなった子達ではないかということです。
また、新しく回収した子達は3月中に亡くなったであろうとのこと。

リンク1
板橋の犬達を助けて

リンク2
ワンダーランド


上記ブログは実際に現場で動いて下さっている方々が掲載しているもので、経過報告も順次upされています。

現在求められていることは、
最初に公開された1~2月に亡くなったであろう4頭の飼い主さんを探す手掛かり。
そして3月中に愛犬を亡くしペット火葬を依頼した方々からの情報提供です。

3月中に亡くなったであろう新たに回収された遺体に関しては情報公開はされていませんが、板橋の団体さんの方で遺体の特徴などをしっかりと控えて下さっています。

3月なんて、愛犬を亡くした心の傷も癒えぬ間に“最愛の子を任せた火葬業者によって山へ棄てられたかもしれない”なんて疑うことすらあまりにもショックで精神的に厳しい事だと思います。
でも、該当する飼い主さんは勇気を持って是非上記ブログへ亡くなった子の特徴を添えて問い合わせて頂きたいと思います。(コメントは非公開投稿ができます)
願いたくもない事ですが、もし回収された子と愛犬が一致すれば、その時点でこの犯人を特定することができるのです。

ただ心配なのは、ここまで一気にこの事件がネット上で広がった事によって、この犯人が雲隠れしないかということ。
遺体放棄現場に関しては、回収作業が行われ始めた時点で犯人も場所を変える計画ができているかもしれません。(もしかしたら最初から数ヶ所に分けて放棄していたかもしれませんし。)
また、やっと1頭でも飼い主さんが見つかった所で、犯人の所在や連絡先が変わってしまっているかもしれない…そうなるとまた捜査が難航します。

どうか皆さん、個人的な捜索や行動は起こさないようにお願いします。

板橋の団体さんも、色々な考えがあって公表を控えながら懸命に活動して下さっています。
ブログ内で求められている内容以上の個人的な行動が、今まで積み上げてきた事を真っ白にしてしまう可能性があるのです。
もし個人的に“こうしたらどうか”など提案がある場合は直接上記ブログへ問い合わせてみて下さい。

また、興味本位で現場を見に行ってみようとか、そういった冷やかしのようなことも絶対にやめて下さい!
仮にもし犯人と出くわした場合…大変危険な事態になる可能性もあります。

どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
2010-04-03-Sat-22:17

正丸峠に棄てられた子動物達

飯能の正丸峠に、数年前から大量の犬や猫の遺体が無造作に棄てられていました。

おそらく犯人はペット葬儀屋だろうとのこと。

現在、板橋の団体さんが遺体の回収作業から火葬まで、悲痛な思いで尽くして下さっています。

詳しくは、実際に動いて下さっている方々のブログにて知る事ができます。

リンク1
板橋の犬達を助けて

リンク2
ワンダーランド

既に骨やミイラになってしまっている子達、カラスにつつかれたり腐敗が進んでしまい特徴がつかめない遺体ばかり。
マイクロチップが入った子も居なかったそうです。

飼い主さんが見つかれば、犯人の業者を突き止め逮捕することができます。

最近棄てられた子達の情報を公開し、飼い主さんを探しています。
3月に亡くなったであろうハスキー・キャバリア・シェルティ・白いmix…洋服を着ていたりリボンを着けていたり、きっと可愛がられていた子達でしょう。

埼玉近郊の獣医さん、トリマーさん、訓練士さん、犬関係で交友の広い方々…どうぞこの子達をご存知ないか、ご存知の方がいらっしゃらないかご協力下さい!!

この事実を飼い主さん達が知った時、一体どんな気持ちに襲われ苦しむ事か。

私自身、今までに数頭の子達を見送って来ました。
我が家ではみんな個別葬でお骨は返して貰っていますが…実際に火葬場まで行くわけでもなく。。。
とても不安にかられます。

どうか1日も早く、この酷い犯人が捕まりますように。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。