ぽてぽてDOG通信

「ドックスクール ゆっか」訓練士yaraのブログ。3頭のシェパード&柴&黒猫と暮らしながら仕事と育児(お子2人)の両立に奮闘中。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-14-Wed-10:42

泥棒さん

れんげとダリアは果物や野菜が大好きです。

今日もれんげがお隣(両親宅)の柿を一生懸命もぎ取ってガリガリ食べてました。
その泥棒っぷりを激写(笑)



れんげ、樹になっている野菜や果物、みーんな採って食べちゃいます。

ついこの前までは、やはりお隣の敷地からこちらの庭に出ている金柑を。
頑張って頑張って背伸びして採り尽くしてしまったため、ターゲットを柿に変えた模様。。。

しかしれんげはん?
柿、、、めっちゃ青いですけど?
いいのか?!(笑

因みにダリア婆さんは、背伸びしてまで採れません。
あくまでも、れんげのおこぼれを隙あらばと狙っている知恵者です。




スポンサーサイト
2013-08-13-Tue-22:08

昨日の朝~リビング組♪


昨日の朝の写真です(^-^)
前夜に雨が降ってくれたおかげで、朝は比較的ヒンヤリした空気でした。

そこでリビング組は外のサークルで、もずく君のための犬社会勉強兼ねた遊びタイム。

ハッピー君(トイプー・アプリコット)
ポエ君(チワワ)
もずく君(トイプー・ブラック)
コスモ(デッカイケド女の子・笑)

この時期は短期ホテルの子達の出入りが激しいので、もずく君、色んな子達に遊んでもらったり激しくしすぎて叱られたり、良い勉強になっています(^-^)

もう1枚の写真は来て数日のもずく君。
ダリアとれんげとハイチーズ☆









2013-08-11-Sun-23:33

元気いっぱい犬舎組!

暑ーーーーーい!!
こちら埼玉は熊谷のすぐお隣、東松山です。
土曜日はまさに致死的猛暑でございました。。。
とんでもない暑さに、犬舎組の皆さんは水遊びすらろくにできず、日中はちょこっとおトイレに出るくらいでエアコンルームに退避しておりました。。。

一夜明けて今日。
暑いけど風もあって昨日より生きれる気がする気温(笑)
水遊びも順番待ちの大人気です〜!!


シオカラトンボが飛んでいたので指を出していたら、トンボじゃなくてれんちゃんと保護犬の嵐くんが寄ってきました(笑)

今日は初めて嵐くんが勇気を出して自分からプールに入ってくれました!
(プールって広さじゃないけど)
今までは水を飲むだけで入らなかったのに!進歩です!


暑いけれど食欲旺盛な我が家の犬舎組!
毎日ガツガツご飯を食べています(^-^)
平和です〜。


まだまだ暑い日々が続きます。
犬も人間も熱中症に気をつけて頑張りまーーーす(^O^)/
2013-08-06-Tue-11:02

ティアラちゃん

昨日は久々にティアラちゃんのトレーニングに行ってきました(^-^)

ちょっとトレーニングが崩れてきているとママさん談。
でも、ティアラちゃんは決して忘れてしまったわけではなく、やらないだけなのです(^^;;
賢い子なので、よーーーく覚えていましたよ(^-^)
ルールを今一度改めて、イケナイ事と良い事のメリハリをハッキリ徹底していけば、ティアラちゃんもすぐに理解できるはず。
ビシッと指示を入れる強度とタイミングも大切。
ティアラちゃんも、ママさんも、蒸し暑い中でしたが頑張りました~!!!

すっかり大人顔になったティアラちゃん(*^^*)
初めてのトレーニングの時の写真と比べると、その違いは歴然!!
今月15日に1歳のバースデーなのだそうです☆
お誕生日会するのかな~?

そんなティアラちゃんの家族旅行や日常の幸せブログはこちら~(^-^)
http://m.blogs.yahoo.co.jp/nzmh1013

image.jpeg
2013-08-03-Sat-01:04

供血協力


一昨日の夜、トリマーのチッチーズさんのブログでお知り合いのダックス君が供血協力を求めるブログが上がっているのを見つけました。

ダリアは高齢で輸血経験もあり病気もあるので供血できませんが、健康体の2頭、、、8歳の桃(プラス型)ともうすぐ5歳のれんげ(マイナス型)は過去にも献血経験があります。

ちょうど時を同じくして、同じダックス君の供血協力募集の記事を某SNSで見ていたお友達シェパードのアールグレイちゃんが、ダックス君の供血に立候補してくれたとのことでホッとしていたところ、こちらに近い場所で「もう一件、シーズー君の供血を求める記事があったよ!」とアールグレイちゃんのママが知らせてくれました。

気になって昨日、早速シーズー君の飼い主さんに問い合わせてみると、シーズー君は昏睡状態。
血液型はマイナスで病院に居る子の血液(プラス型)では合わず、まだ供血犬が見つかっておらず緊急を要する状況とのこと。

そして今日、マイナス型のれんげを連れて供血の協力に行ってきました!
小型犬なので採取量が120mlと少ないので脚からの採血。
(れんげのサイズだと400mlの採血でも大丈夫な範囲です。)
採血後、夕方飼い主さんから連絡がありまして、無事テストで血液が適合し輸血できるとのこと。
良かった~。
1日も早く元気になって欲しいです(^-^)

獣医さんが、供血のお礼ですと健康診断兼ねて全項目の血液検査とフィラリア検査(うちは念のため皆通年投薬なのですが)をして下さって、更に耳の洗浄液をお裾分けして下さいました!
耳の洗浄液、すぐに無くなってしまうのでとっても有難いです(T_T)
とっても良い先生で感激でした!

先生が、まだまだ犬猫の供血についての理解が一般的には薄い状況で、なんとか理解を広めていきたいと仰っていました。
現在の医学では、供血は非常に重要かつ有効な治療法です。
輸血すれば助かる命が沢山あるのです。

我が家では桃が過去に4回ほど供血していますが(うち1回はダリアのために....ダリアもこれで命が救われました!)、事前検査もしっかりして供血できる血液かどうかを調べますし、サイズや体重から計算し決して無理な量の採血・連続での献血はしません。
(10kg未満の小型犬からの採血はしません。)
採血の量によって採血後のケアもしっかりして下さいます。
危険なものではありません。
人間の献血と同じです。

獣医さんに輸血のための犬や猫が居るのを反対する方もいらっしゃいます。
でも、反対するか否かは実際に見てから判断して下さい。
残念なことに、輸血のためだけに犬や猫を「飼養」している獣医さんがあると聞くこともありますが、少なからず私がこれまで協力させていただいたりお世話になっている多数の獣医さんの犬や猫達はとても大切に可愛がられていましたし、清潔な環境で沢山の人に触れながら、のびのびと幸せな笑顔で暮らしています。
勿論「輸血犬猫」として病院で犬や猫を飼っていても、その子達だけに頼ることはできないので、極力患者さんの方で協力してくれる子を探して下さいという配慮もしており、実際に病院の輸血犬猫が使われることは本当の緊急時のみです。

もし自分の愛犬・愛猫に輸血が必要になったら???
「供血すれば保ち直せる、しなければ死んでしまう....」
今一度考えてみていただけたらいいなと思います。



















2013-08-02-Fri-20:40

もずく君



久々の預託トレーニング生、
トイプードルの7ヶ月。
もずく君です(^-^)
とっても活発な男の子!

おトイレ含め、落ち着きが無いことや要求吠え、ほか基本トレーニングのためにやってきました☆

プードルってとっても賢いんですよね~。。。

その上、身軽で足腰も丈夫なので色んな芸も教えやすい犬種です。

まずは1ヶ月、親和を深めて仲良くなりながら基盤を入れて、もずく君の明るい個性を大切にしながら徐々に色々と教えて行きたいと思っています(^-^)

もずく君、頑張ろうね!!




HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。