ぽてぽてDOG通信

「ドックスクール ゆっか」訓練士yaraのブログ。3頭のシェパード&柴&黒猫と暮らしながら仕事と育児(お子2人)の両立に奮闘中。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-18-Sat-00:43

色々ありました

この1年、色々ありました(>_<)

正丸の件もそうですが…

私自身もまさかの妊娠中期で切迫になり入院してしまったり。

預託していたドーベル♂やW.シェパード♂が、飼い主さんの都合で手放されることになり、里親探しをしたり。
(ドーベルは兵庫へ決まり、W.シェパードは保護団体さん経由でトライアルに入りました。)

交流のあった訓練仲間を亡くしたことも衝撃で…。
いつも心のどこかに居て、絶対に忘れません。

いい事も沢山ありましたよ♪

黒猫が家族の仲間入りをしました☆
(来た時はチンチクリンの子猫だった「ゆの」も1年が経ちいつの間にかすっかり猫らしくなりました。)

無事9月に第二子を出産しました!!

姉がアーチと世界大会2010に出場しました♪











2011年3月11日の震災
ちょうど、姉のグラウンドへ見学に行って帰宅して間もなくの事で。
あまりの強い揺れに、子供を抱き上げ外へ飛び出しました。
正直、もう家は崩れるんじゃないかと思いました。
揺れがおさまり、TVを点けるとこちらは震度6弱の揺れでした。
上の子がまだ幼稚園から帰っておらず、心配しましたが無事に帰宅。
そして次々と飛び込んでくる現実とは思えないような津波の映像。

我が家の犬達は至って普通で平然としていましたが、あの日の朝、ちょうどお泊りに来ていた常連さんのビーグルのナナちゃんが初めて我が家で下痢便。
もしかしたらあの大地震を察していたのかもしれません。

あの震災では沢山の動物達も犠牲になりました。
今も尚、餓えに苦しみながら懸命に生きている子達も居るでしょう。

私の先輩の親友であるWさんが、某レスキュー団体のお手伝いに通いながら、犬達の一時預り先を探しているとのことで協力をさせて頂いております。

最初に来たのは、黄ラブ♀と黒ラブmix♂とピレ。
ピレは被災された飼い主さんからの依頼での預りだったのですが、極度のバリケン嫌い&大きな犬舎も鉄骨を咬んで破壊しそうな勢いだったため、脱走されては大変ということで早々にWさん宅へ移住となりました(苦笑)
代わりにやってきたのが津波に流れていたらしい黒ラブ♂。
黒ラブmixも黄ラブも現在は別の預り先が見つかり移住しており、現在は黒ラブ1頭のみをお預かりしています。

被災地の子達はフィラリア感染率が高いらしく、連れ出した子達はみんな検査が必要です。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。