ぽてぽてDOG通信

「ドックスクール ゆっか」訓練士yaraのブログ。3頭のシェパード&柴&黒猫と暮らしながら仕事と育児(お子2人)の両立に奮闘中。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-03-Sat-22:45

グループレッスン報告②

お待たせしました。
11月26日(日)のグループレッスンレポート、第二弾です☆

マロままさん、フクままさん、大変遅くなり申し訳ありません。





【マロ君】
パピヨンのマロ君…
第一印象は、本当に飼い主さんが大好きなんだな~ということ(*^_^*)
一生懸命、飼い主さんの顔を見上げる姿がとっても可愛らしかったです♪

マロ君の飼い主さんからのご相談は、短頭犬種や自分より小さな犬に向かって吠えかかってしまうことと、また「横について歩く」ということをさせた事がなかったので勉強してみたい…という事でした。

*横について歩く*
先にも書いた様に、合同練習では飼い主さんに名前を呼ばれた時の反応はとても良く、アイコンタクトが上手にとれていましたよ(*^_^*)
小柄なパピヨンですから、今までは多少引っ張ってもあまり気にならないという感じだったのかもしれませんが、お話を伺うと普段のお散歩でマロ君は飼い主さんの前を歩き結構ウロウロと右へ行ったり左へ行ったり、マロ君の思いのままに歩いていたそうです。
右へ左へウロウロさせないようにするには、飼い主さんの横が定位置になる習慣をつけていくことです。
また歩行中は下の臭いを嗅がせずに、散歩コースにおトイレポイントや遊ばせるポイントを数ヶ所決めて、そこでゆっくり自由にさせてあげる習慣を付けて行きましょう(^^)v
練習が始まると、トレーニング初体験のマロ君も飼い主さんもとにかく一生懸命で“必死”なのが伝わってきました☆
マロ君の体高が低いぶん、最初は飼い主さんが身を屈めながらマロ君を誘っていくので大変なのですが、マロ君に“横について歩く”意識が出てくればこっちのものです♪
初めてのわりにはマロ君も飼い主さんも、とっても良かったと思います。
アドバイスとしては、リードが張ると犬はよりグイグイ行きたくなる習性がありますから、リードは程よい長さに持ち、常に弛ませておくイメージで。
また、周囲が気になり(他の犬や地面の匂い等)よそ見をした時や、マロ君の体が飼い主さんよりも前に出かかった(リードが張ってきた)時、そして進行方向を変える時、瞬時に軽くリードを引いて「こっちに集中してね!」と意識を飼い主さんに向けるように促しましょう。
リードの引き方は、ぐーっと引っ張るのではなく(これでは苦しい&余計に引っ張り合いになってしまいます)、一瞬カツンとスナップを利かせるように引き、マロ君が見入っていた対象物からハッと目を外して飼い主さんを見上げるてくれるように…。←見上げてくれた時に「そうそう、こっちだよ!」とうんと褒めてあげましょう☆
常にリードが弛んでいる位置をキープし褒めていくことで、マロ君も徐々に「ここを歩けばいいんだ♪」と自信を持ってついてきてくれるようになりますよ☆

*特定の犬に対する態度について*
練習の後ドッグランへ移動してみましたが、マロ君、いつものホームグラウンドでないことと、あまりマロ君が狙いそうなタイプの子が居なかったこともあり、特に問題なくいい子に遊んでいました(^^)
…が、沢山遊んで「もう帰ろうか…」という頃に慣れてきたなか、バーニーズ(だったかな?)に対してガウガウ勃発!!
ガウガウ中は飼い主さんが呼んでもガウガウに無我夢中…すぐに捕獲できない状況でしたので、マロ君が狙いそうな子が居る時はリードを垂らして付けておくことをオススメしました。
リードが付いていれば、リードを踏んだり掴む事で確実に捕獲する事ができます。
このガウガウ癖…やればやるほど、また相手を負かせば負かすほど、勝つことに自信をつけていきどんどんエスカレートしていってしまいます。
飼い主さんと信頼関係が出来上がっているからこそ、マロ君よりも上に飼い主さんが居ること、そして飼い主さんの監視下にありそういったガウガウ行為は許されないことを徹底していかなければなりません。
そのためには、飼い主さんが確実にガウガウをさせないよう注意していかなければなりません。
(今の状態のままですと、飼い主さんがそばに居ることで、余計に自信をつけ犬に対して強く出るようになってきます)
これはまた、次回マロ君のホームグラウンドであるランでじっくりやって行きたいと思います。
今回あまりご指導できず申し訳なかったです。。







【福丸君】
柴mixのフクちゃん。
第一印象…普通にほぼ柴(笑)
とっても性格の良い子で、うちの両親宅の柴の北斗に見習わせたいくらいです~!!

フクちゃんの飼い主さんのご相談は、ラン等で放した時に呼んでも戻ってこない…というもの。
後でランへ行って呼び戻しの練習をしましょうということで、先にみんなと一緒にトレーニング。

*横について歩く*
トレーニングをしている様子を見ていて、明らかになってきたフクちゃんのマイペースさ。
勿論、そこは飼い主さんは十分に理解されていたのですが…とにかく、おっとりなフクちゃん。
また、飼い主さんもとっても穏やか~な方で、なんだか癒し系なコンビだなぁ…なんて、見とれてはいられませんね(笑)
見ていて感じたのは、飼い主さんがフクちゃんのマイペースさに付き合い過ぎてしまっているかな~?ということ。
そのためフクちゃんは自分中心になってしまっているのです。
犬はズル賢い面が多々あり、様子を伺い状況を先読みしながら行動したりします。
フクちゃんもまさにそれなのですが…
初めての“横について歩く”トレーニングは初めてだけに先読みのしようが無かったようです(笑)
フクちゃん、頭の中が「???」のままとりあえず歩いている感じ。
フクちゃんはオヤツに対する執着がとてもあるので、上手くオヤツを使いながら飼い主さんも気持ちを盛り上げて盛り上げてフクちゃんをのせて行けると、とっても良くなると思います(*^_^*)
フクちゃんがノリノリになってくれるようになるには、飼い主さんが恥を捨てて弾けていくこと。
少しリードをお借りしフクちゃんを動かさせていただいたのですが、こちらがフクちゃんに期待を持たせ、よく声をかけ褒めながら歩く事で、フクちゃんびっくりするほど顔を見上げて(多分、気持ちは「オヤツ~♪オヤツ~♪」だったのだと思いますが・笑)ピッタリ横について歩いてくれました(^-^)
この日、3頭とも少しずつ動かさせていただきましたが、手応えはフクちゃんが一番良かったですよ☆
ただ単調に歩いているだけではフクちゃんは飼い主さんに執着心を持てませんので、フクちゃんがワクワクするような声かけや褒め、タイミングの良いご褒美を心掛けることで、きっと飼い主さんへの執着もどんどんついてくると思います!!

*ランでの呼び戻し*
私、フクちゃんがランで戻って来ないというのは、てっきり他の犬達との遊びに夢中になって帰って来ないのだと予想していたのですが、さすがフクちゃん…その予想は見事に外れました(笑)
勿論、他の犬達の所へも行き仲良く遊ぶのですが…
フクちゃん、ランでもとにかくマイペース。
思い思いの場所で座ってみたり、伏せてみてはポ~っとくつろいでいたり、たまに歩きだして1人でランの奥に行ったと思ったら蝶々を発見して追いかけ始めたり…(リアル・マメタロウすぎてめちゃくちゃ可愛らしかったです~☆)
フクちゃんが戻って来ないのは、私の予想に反してマイペースが原因だったのですね~(^^ゞ
でも、かえって他の犬に夢中で…というケースよりも、修正はしやすいです。
これも、飼い主さんが何よりの魅力を持つこと。
お話を伺うとオヤツ使えば来るが、いざ帰る時になると距離を保って戻って来なくなってしまうそう。
まさに先読みですね。
ポイントはオヤツの使い方です。
現在のフクちゃんは、ランで遊ぶ→オヤツを見せられ呼ばれる(そろそろ帰る頃)→捕まる…というパターンでインプットしてしまっています。
これだとオヤツを貰う代わりに捕まってしまうなら、オヤツなんかいらない…とフクちゃんは思ってしまい、戻るのを拒否、「もう帰ろ~」「ヤダ!」の根比べになってしまいます。
まずはランで、オヤツを使い遊びながら呼び戻しの練習をしましょう。
ひたすら繰り返してはすぐに飽きてオヤツ効果が無くなってしまったり、練習を切り上げて帰るタイミングを勘ぐるようになってしまうので、自由に遊ばせている中で所々にオヤツを持ち、ただ呼ぶのではなくフクちゃんから離れる(逃げる)ように走り一緒に追い駆けっこをしつつフクちゃんの気持ちをのせ、のってきた所で前に座らせまず飼い主さんのもとに来たことに対してうんと褒めましょう。(まだオヤツは与えません。)
褒める際にはフクちゃんの全身を触って撫でて褒めるようにします。
また、首輪を持ってみたりもします。
そうすることで体や首輪に触れられる=リードを付けられるから嫌!捕まるなら逃げる!という印象を無くしていきます。
そして沢山撫でて触りながら(勿論、言葉でもムツゴロウさん並にヨシヨシ褒めて下さいね☆)オヤツを与えて下さい。
オヤツを食べ終えたらまた解放し自由に遊ばせます…この練習は頻繁にやりすぎるとまた“そろそろ帰るんじゃない?”と勘ぐられてしまうので、適度な間隔で行い常にリードは持っていること。
また練習中に触って褒めるだけでなく、触ってリードを付けて褒めご褒美のオヤツを与えたら、またリードをはずして解放して遊ばせるというのも良いかと思います。
また次回、見てみましょう(^-^)



なんだか2頭分を書いたらダラダラと全くまとまりがなく、分かりづらいただの長いブログになってしまいましたね(T_T)
自分の文才の無さにガッカリです(苦笑)

今回のメンバーの皆さんにお呼ばれしまして、今月17日に遠方にて出張グループレッスンが決定しました~☆
有り難うございますヽ(´▽`)/
次回は頭数が増えるので、レポートももう少し簡潔に短くまとめられるようにしなくては~(汗)

今回は私も初めてで練習中の写真を撮る余裕も無かったので、次回はちゃんと撮れるといいなあ~(笑)
参加される皆さんも、お友達の連絡風景などバンバン撮ってくださいね!
(そしてブログ用に画像寄付お願いします←)
スポンサーサイト

COMMENT

2011-12-04-Sun-17:02

No title

文章にして頂くと、改めて「なるほど」って思います!
あの日以来、ランではリードをつけっぱなしにして遊ばせています。
昨日も歳下の大型犬の子にガウガウしたのでリードをぐいって引っ張ること数回・・・最後は諦めたようでその子に対して無関心でいられました。

チョークをつけての散歩はかなり効果的なようで、だいぶよくなりました。

あと家でのトイレトレーニングは先生の言うとおり、水分を多く摂らせて
そわそわしたときにサークル内に入れて3回程シートの上でしました。
が、まだトイレと認識して排泄しているわけではなく、もれてしまっているような感じです。

シートの上で排泄したらおやつをあげて大げさにほめてます。

あの日以来、少しづつですがいい方向に向かってます♪

では17日にまたよろしくお願いします。

2011-12-06-Tue-08:51

No title

とっても優しく丁寧に指導していただいた上にこんなにたくさんレポートを書いていただいてありがとうございます!
福丸をうまく乗せられるようになるためにはまずは福丸と同じくマイペースな自分をちょっと変えていかなければなと思いました。
テンションと声を高めに、そして大げさに。
福丸は呼んでも気が向かない時は無視するので、普段からすぐに注目するように頑張っていきます。
ノー天気でずる賢い福丸を手のひらの上で転がせられるように、魅力的な飼い主になれるように自分を改造していきます!

17日もよろしくお願いします☆

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。