ぽてぽてDOG通信

「ドックスクール ゆっか」訓練士yaraのブログ。3頭のシェパード&柴&黒猫と暮らしながら仕事と育児(お子2人)の両立に奮闘中。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-31-Sat-23:28

3月20日グループレッスン

3月20日グループレッスンレポート

先月までの寒さとはうってかわって暖かい陽気の中、4回目のレッスンを行うことができました!!
参加メンバーは午前の部4頭と、午後の部3頭・・・
3201
↑午前と午後の合間に集合写真☆
ダリア、さんごちゃんパパの子になってます(笑)

みんなそれぞれ、成長した面や新しい課題点が見られました。
それでは今回も1頭ずつ書いていきたいと思います。



午前の部

うめちゃん
前回は体調不良で欠席となってしまったうめちゃん、今回は元気いっぱいに参加です!!
うめちゃんはオヤツがあればビシッと動く、オヤツが無いと全くの無関心・・・という飼い主さんのお悩みがあります。
いつもハーネス着用なのですが、ハーネスは余計に引っ張る癖も作ってしまうため、今回はチェーンを少しお貸ししてみました。
これにより、オヤツが無くてもきちっと指示を聞かなければならないと危機感を持たせます。
幼少期に通われてらした幼稚園で基本は一通りできるうめちゃんですので、何よりの課題はここ。
しばらくはハーフチョークやチェーンを使って根気よく意識をつけていくと良いでしょう。
慣れるまではチェーンんが付いているだけでテンションダウンしてしまいますが、そこはうんと褒めたり撫でたり声をかけて自信と安心感を与えてあげていれば、やがてチェーンにも慣れてイキイキとしてきますので大丈夫です。
ただ、チェーンにしたりハーネスにしたりを繰り返しているとどうしても慣れるのも時間がかかってしまうので、できればしっかりオヤツなしで動けるようになるまではチェーン生活に切り替えた方が良いでしょう。
根気よく頑張りましょう!!
320ume1
  320ume2


さんごちゃん
なんと、つい最近になってランで会う新顔さんにガウガウ喧嘩を売るようになってしまったというさんごちゃん;
1歳を過ぎてそろそろ自我が出始めるお年頃・・・
仲良しさんとは変わらず仲良く遊べるのですが、自分が勝てそうな新顔さんが入ってくるとまるでレディースですとママさん(^^;)
丁度その様子も見ることができたのですが、やはりさんごちゃんの思うままに行動をさせてしまっていることにトラブルを生む要因があります。
常に飼い主さんの視線があり、飼い主さんの指示には絶対従わなければいけないという意識づけができているだけで、犬同士のトラブルは防止することができます。
飼い主さんと愛犬とのルールをきちっと決めていくと良いでしょう。
向かっていくことを覚え、更に相手を委縮させて自信をつけ始めてしまったさんごちゃんなので、まずは飼い主さんの制止を確実に聞くようにさせていく必要があります。
・・・さんごちゃんのチェーンデビューを決めたパパさんとママさん。
確実になるまではランでは常にリードとチェーンを付け、さんごちゃんが向かって行きそうな子にわざと近寄り行きそうになったらリードを強めに瞬時に引き、喧嘩を売ってはいけない事を理解させます。
顔なじみさん達だけの時は放しても良いですが、新顔さんが入ってきた時にさっとリードが持てるようにチェーンとリードは付けっぱなしにしておくとよいでしょう。
新顔さんとは必ずリードを持って挨拶をさせ、様子を見ましょう。
レッスンの方での課題は、オスワリとフセのコマンドと動作の区別をしっかりと!
そのほかは、地面の匂いを嗅いだりも随分落ち着いて良かったです☆
320sango



まろんちゃん
まろんちゃんも前回欠席だったのですが、今回は自宅レッスン付きでの参加です!!
まろんちゃんも引っ張り癖が強く悩んでいたママさんでしたが、この日チェーンを使ってみると効果はてきめんでママさんもビックリ!!
でもママさん以上にビックリしていたのはまろんちゃんかもしれません(^^;)
これまで猪突猛進できたまろんちゃんは、自宅での問題もあるとのことでご自宅へもお邪魔してきました。
一番は、テレビで動物が出たり戦いのシーンになると物凄い勢いで突進していって吠えたて、なかなか収まらないことでした。
テレビ画面にへばりつくように吠え続けるために、色々工夫したもののご家族はテレビを諦めざるをえない状況だったそうです。
その様子を見させていただき(とはいえ、私が居ることでけっこう遠慮気味な吠え方でしたが)試しにマットでスッテンコロリン作戦を実行してみたところ、それだけで改善。
ただこれは、まろんちゃんがピョンピョンしながら吠えるためタイミングが難しい・・・ということで、やはりチェーン様にお世話になり、ダビングしておいていただいた映像を色々かえて誘惑しつつご家族に方法をご指導しました。
まろんちゃん、向かっていきたいけどウズウズしながらも我慢。
ついパッと行ってしまっても、強く声をかけることでちゃんと戻ってきます。
最終的には、ご家族3人と1頭でソファーに並んでゆっくりまったり映画鑑賞ができるようになりました。
私が居るか居ないかでも態度が違うと思うので、後日様子はどうかメールで伺ったところ・・・上手くいっているそうです!!
外では外の、ご自宅ではご自宅の、ご家族でルールを決めて全員で徹底していきましょう。
320marron1 320marron2 


マーシャちゃん
この日も元気いっぱいだったマーシャちゃん♪
より効果のあるリーダーウォークの練習をするにはターンや方向転換を180度や90度にすることを意識して、リードでグ~ンと遠心力が付かないように、方向を変える瞬間にカツンと一瞬リードを自分に引き付けるような角度で引きます。
一瞬引くだけで、あとはマーシャちゃんの意思でついて来させるためにリードは緩めます。
マーシャちゃんはちょっとやそっとじゃへこたれないとても教えやすい子なので、この練習を徹底してみて下さい。
また、へこたれない性格ゆえに失敗をなかなか失敗であるという認識ができないこ面もあります。
「マテ」をさせて犬の周りを回る時は無理にいっぺんに一周してしまおうとはせず、失敗させない程度の範囲から周りをうろうろしてみましょう。
失敗させずにできる範囲から褒めて褒めて自信を付けていくことで徐々に「これでいいのか」と待つことを理解していきます。
また、例えば最初はマテのきっかけ作りとして、何か興味のあるものを見せてそちらに集中させてマテをかけ、じっとそれに見入っている間に周囲を回ってみるのもいいでしょう。
マーシャちゃんもチェーンデビュー!!
でもさすが、マーシャちゃんはケロッとしながら使っていましたね☆
320ma-sya




午前組と午後組が合流!!
3202 3201
はしゃいでいるけれど、午後組さんはこれからレッスンよ~(笑)


午後の部(競技会チャレンジチーム)

福丸君
前回、とっても良い雰囲気だった福ちゃんママ・・・
がしかし、今回は何だかまたお堅い難しいオーラが・・・(汗)
おそらく競技会という重そうな課題に色んな複雑な心境になっていたのかもしれませんね;
そんな気持ちが福ちゃんにも伝わって、指示をだしても「???ん?・・・こ、こう?」と動作までに時間がかかってしまっていました。
ふくちゃんは出来る子なので、自信を持って指示を出しましょう!
きっとそれに福ちゃんも答えてくれます。
コツとしては、日ごろの練習でも競技会本番でも指示の声のトーンを同じにすることです。
1声符でより効率良く動くトーンを日ごろから研究して統一できると良いデス。
あとは、福ちゃん、声符自体の統一です。
「スワレ」をどうするか・・・一番反応の良い言葉に決めましょう。
本番ではとにかくいつも通りに楽しく。
少しでもいつもと違うと、福ちゃんの頭は「???」になってしまいます。
本当にゆるくて楽しい競技会ですのでお堅く考えることはありません。
まずは福ちゃんママが落ち着いてノリノリでいきましょう!!
320hukumaru


ハナちゃん
いつも素敵笑顔のハナちゃん!!
先代のシェパード(うちの桃&れんげの祖母)と競技会に何度かチャレンジしたことがあるハナちゃんママ、久々の競技会に燃えてます!!
当日のコンディションも考えて、予備課目を含めて7課目を練習中。
予備の選択課目を考えておくことは案外重要で、例えば当日が雨上がりで地面が濡れていた場合に「フセ」をどうしても嫌がる子がいたりします。
その場合に選択していたフセの代わりにできる課目を用意しておくおです。
ハナちゃんはまだ指符があった方が確実です。
本来ならば声符のみでないといけませんが、声符のみでなかなか動かずに何度も指示を出すよりは、指符を使っても1回で確実に動ける方が良いデス。
あとは周囲の誘惑に気を取られず、どれだけハナちゃんママへの集中力が続くか・・・
コツは、指示を出す時は必ずアイコンタクトが取れている時に出すことです。
よそ見をしている時に指示をだしても、お耳がお留守の可能性大です。
極力1声符で動けるように頑張りましょう!!
320hana


マロ君
脚側がとっても優雅で美しいマロの君☆
マロ君ママが、結果はどうでも楽しく挑戦します!!と仰っていました・・・その意気です♪
練習を拝見していて気を付けていきたいのが、脚側停座の位置(マロ君が斜めに離れがち)と、脚側のターン時に180度ママさんが軸になるように心がけることです。
脚側停座は1課目1課目の始めと終わりの基本姿勢なので正しい位置にしていきたいですね(^^)
ターンの角度は当日はリンクにラインが引いて」ありますので、そのラインを踏みながら往復するようにすれば大丈夫です!
マロ君ママは、使うところは堂々と躊躇無く指符を使えているところが良かったです。
そのおかげでマロ君も躊躇無くしっかりとすべきことを理解していました。
ただ、据座など少し長いマテの後、ママさんが戻りはじめた時点で動いてしまう姿も見られました;
あくまでも脚側停座の位置に戻って解放するまでが「マテ」であるということ。
あとは本当に楽しく、楽しく♪
愛犬と挑戦する楽しさと、ちょっとの緊張と達成感を味わいましょう!!

320maro




皆さんお疲れ様でした!!
320dariren

↓応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。