ぽてぽてDOG通信

「ドックスクール ゆっか」訓練士yaraのブログ。3頭のシェパード&柴&黒猫と暮らしながら仕事と育児(お子2人)の両立に奮闘中。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-30-Tue-23:36

RUN!!!

訓練の第一歩となる基礎トレーニングを開始したシェパ子達。
チャオ&れんげ
CA390051.jpg

奴ら、初めてのチョークチェーンもへのかっぱでございました(笑)
突然走り出して自然とショックがかかってしまっても…無反応(-_-;)それもどうなの?って感じですが、まぁ、図太いということで良しとしましょう(笑)

昨日から林道の一本道を利用して、鬼ごっこをしています☆
CA390699.jpg

あぁ、こっちが疲れる(´Д`)=з

…て、あれ?
鬼ごっこって、逃げる役が鬼だよね?よく考えると、追いかける役が鬼のような気もするけど。

とにかく

私→逃げる役
シェパ子達→追いかける役
と、こんな感じでひたすら行ったり来たり走ります(-"-;)
CA390698.jpg

どう見ても遊びに見えますが、実はこれって凄く大切な基礎トレーニングです。

躾や訓練を教えていくには何か1つ犬が夢中になって集中できる物(ボールやオモチャなど)を作っていくことも勿論なのですが…
何より指示をくれる人(私)に集中できるようにならなくてはなりません。
そのためには『指示を出す人(私)』が犬にとって『魅力的』でなければ、犬は私に集中してくれないのです。

鬼ごっこは私を追いかけることに楽しみを覚え夢中になることで、私の動きに集中し俊敏に反応することを遊びながら学ばせるためのトレーニングになります。

『次はどっちに行くだろう?』
『絶対追いついてやるぞ!』
そう思わせるように、私も走りに変化をもたせてシェパ子達の興味をそそります。

また林道の一本道は両サイドが藪になっているので、シェパ子達が道をフラフラと逸れて他に気がいってしまったりということも無く、絶好の鬼ごっこ場所。

ここで私はシェパ子達の名前や『来い』というコマンドを叫びながら走っているわけです。
端から見たら超変な人です、はい。
でも、気にしません。
今のところ誰にも出くわしていませんが・・・。

時にはわざと追いつかれてみたり。
追いつかれた時は、シェパ子達の目線の高さになるようしゃがんで沢山沢山わしゃわしゃ撫でくりまわしたり、楽しさや喜びと同時に自信を付けさせながら、だんだんと私に対する『欲』を付けていきます。

たった30分の鬼ごっこ。
ですが、鬼ごっこを終えて家までの道中ではチラチラと私の顔を見ながら歩くシェパ子達の姿。
「もうおわり?」
「また走り出すかも?」
シェパ子達はきっとそんな気持ちで私を見上げています。
鬼ごっこも引き際が肝心。
飽きる前に、楽しい絶頂でわざと後引くように切り上げるのがコツなのです。

CA390700.jpg
写真のように、数回鬼ごっこをやっただけで庭で呼んだ時の反応も良くなりました。
以前は呼んでも遊びに夢中で、呼んでも気付かないか寄り道しながらノロタラでしたが。

これからの成長も楽しみです!

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。